CITY TRIP REPORT

世界が都市する都市たちを、新たな視点から発見する。個々の旅の経験を、「都市のコード」という集合知へ。

Background

301では、毎年8/1-14の二週間をインプットのための夏季休暇期間としています。毎年この時期にメンバーが海外を見て回る経験を、外部の仲間も巻き込んで多様なバックグラウンドと視点から、それぞれが夏に視察してきた都市についてディスカッションするという企画をイベント化しました。

Action

対象としたのは、サンフランシスコ、ポートランド、メルボルン、コペンハーゲン、オスロなど独自の文化が世界から注目されている都市たち。都市づくりや街づくりといった大きなスケールから、ひとつのお店やコンテンツといった小さなスケールまで、異なる規模と領域からデザインに関わっているゲストのみなさんと一緒に、「都市のコード」という視点から旅を振り返りました。それをヒントにすることで、今後どうすれば自分たちが住む「都市」を面白くしていけるかという未来提言についてディスカッションへと発展するプログラムを設計しました。

Result

既存の対象を新たな視点によって見つめ直すという301らしいアプローチで実行した本企画をきっかけに、都市計画者と実際のコンテンツメイカーという、断絶したコミュニティを接続していくことも目的とした新たなプロジェクトが誕生しました。こうした次への展開も含めて、301らしい機会となりました。

Credit

Director / Planner : Shogo Otani(301)
Project Manager : Risako Tsukazaki(301)
Speaker : Masaki Yamasaki / Ryuma Sato / Maho Shoji / Yu Miyazaki(301)/ Shogo Otani(301)
Art Director : Yu Miyazaki(301)
Graphic Designer : Nagi Nagasaka
Space Cooperation : FabCafe Tokyo