RENOVATION EXPO JAPAN 2018

リノベーションの入口をデザインする。幅広い世代を魅了する導線設計とコンテンツ開発。

Background

一般社団法人リノベーション協議会による、年に一度のリノベーションの祭典。全国で開催される本イベントにおいて、首都圏会場はEXPOがこれからどうなっていくのかを指し示す役割も担っています。2017年開催ではクリエイティブ面の刷新を中心に、EXPOのブランドイメージを整理することを中心に改革を行いましたが、2018年は、昨年よりコンテンツ面を充実させることを目指し、より広い会場である新宿ルミネゼロへと舞台を移しました。

 

Action

様々なリノベーション関連企業や団体の協力によって生み出されている本イベントは、たくさんのコンテンツを詰め込み、それぞれの出店者たちが個性を出すという特性上、来場者にとっては必ずしもわかりやすい会場づくりになっていなかったというのが昨年からの反省点でした。

その振り返りを踏まえ、今年は来場者の導線設計と、それぞれのフローに合わせたコンテンツデザインを綿密に行い、それらを最終的には統一したクリエイティブトーンに揃えることでイベント全体のブランドイメージをまとめ上げていきました。

Credit

Director : Shogo Otani(301)
Project Manager : Eisaku Sakai(301)
Art Director / Graphic Designer : Yu Miyazaki(301)
Graphic Desinger:Yurika Omoto(301)
Venue Design:Satoshi Ota(office OTA.)
Event Producer:Yusuke Shinba / Mana Kuwasawa(Empire Entertainment Japan, Inc.)
Photographer:Studio Denden -Photo Service-
Client:Renovation Council