CREATIVE FLOW_ER

脳波を測り、瞑想状態をビジュアライズ。瞑想を通してクリエイティビティを引き出す。

Background

大企業の若手有志団体のプラットフォーム「One JAPAN」が提案する創造性向上プロジェクト「CREATIVE FLOW_ER」。「創造性の民主化」を使命とするAIロボットが、マインドフルネス瞑想を通して、人間のクリエイティビティの向上を目指します。

Action

301はビジュアルコンセプトとUI・UXデザインを担当。
AIロボットが誘導するマインドフルネス瞑想によって、被験者のマインドがクリエイティブパフォーマンスの高い状態(FLOW状態)になると、それに連動してその人のCREATIVE FLOW_ERが咲きます。また、その時の感情のセグメントごとに花に色がついて、それが花に反映されることによって、世界で一つの自分だけの「CREATIVE FLOW_ER」が咲きます。

Result

アジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会であるCEATEC JAPANや、AI EXPOなどに招待参加。国内外含めTVや雑誌などの様々なマスメディアに取り上げられた他、大手航空会社やサッカーチームなどからコラボのオファーを受けています。

https://creative-flower.jp

Credit

Creative Derector:Shun Matsuzaka (McCann Erickson)
Creative Planner:Yoshitomi Ryosuke(McCann Erickson)
Chief Product Manager:Yosuke Okawa(One JAPAN)
Art Director / Graphic Designer:Yu Miyazaki(301)
Production Manager:Go Sakai(PARAGON)
Photographer:Hirotsugu Hoshikawa(monster smith)